こんにちは、イライザです。
世はクリスマス一色でございますね。

現在順番待ちを延々としている病院でも、B'z先輩の『いつかのメリークリスマス』が鳴り響いております。

もう何度繰り返されたことでしょう。というくらい人間ドックの待ち時間が長すぎるので、暇つぶしに先ほどの出来事を。

20131203-134946.jpg



人間ドックの円筒ドッグラン

本日は、北参道のクリニックで人間ドック。初バリウム予定!

が、しかし、案の定受付には人だらけ。
番号札の番号呼ばれてようやく受付へ。

ここでまず言わなければいけないこと。

イライザ『検便は郵送でもいいですか?』

だって出ないもん。しょうがない!

女性(美人)『大丈夫ですよー。尿の方は提出してください』

イライザ『あ、まだとれてないんで、ここでとります。』

女性(美人)『じゃあ、今、後ろのトイレでとってきてください。』

イライザ『あ、わかりました。』

にしても、お姉さん。
貴方の声が響き渡っています。

少しばかり、たじろいだものの、

いざ採りにいきます!!

といわんばかりに、容器を右手に掴みトイレに。

一応、朝一のトイレでしたので、問題なく終了。

かと、思いきや、
ん?いつからこんな容器になったんだ!?

紙コップにいれるまではいいけど、
そのあとにいれる器が前と違う!!
スポイドタイプじゃない!!!
完全なる試験管だ。

20131203-132400.jpg
初めての試験管タイプ。

20131203-132411.jpg
今まではこのスポイドタイプ。

おいおいおいおい、これどうやって
尿さんをお引越しさせるんですか?!

思わず何か説明書入ってるかと思い
袋を見るも何も書いてない。

なるほど。
説明など必要ない。
『やれ。』そういうことですね。

トイレの中でイライザの小さな挑戦がはじまりました。

四角い形状のコップから、円筒状の試験管の小さなお口に液体を移動させる。

簡単なようで意外と難しい。
半分までは順調でしたが、結果的にこぼれ
る始末。

なんとか、終了して、コップもすてて、よし終わらせようとした矢先。

『あっ!!!』

手先さら試験管が、、、

筒は本当によく回る。
転がり転がり、個室トイレ下から
抜け出して手洗い場へ。

げ。

慌ててトイレあけると、一人の女性。。

さあ、あなたならどうします?

目の前に、明らかに尿が入った試験管が
転がってきたら。

拾いますか?拾いませんか?

思わず目が合うも彼女の白い手が
生暖かい試験管へ伸びることは
ございませんでした。

『あ、すみません。』

そういって即座に試験管拾う僕。
なんで謝ってんだ自分!!

謝るべきは、試験管野郎だ!!!

【総括】
検尿は、スポイドタイプにすべきである。

それでは、皆様素敵な昼下がりを♡

iraiza